2011年05月08日

どの程度夫婦間で協議できているか

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

離婚調停を申し立てる前に、二人で話し合える状況であれば離婚は決まらなくともそれは必要なことだと思いますexclamation

例えば、

・家のこと

・財産

・子供のこと

・養育費の金額 他

というように、様々なテーマがあります。

子供のことについては養育費だけではなく、親権者や監護権(養育権と言う方もいらっしゃいますが正しくは監護権だそうです)のこと、監護しない方の親との面会のことなどが挙げられますペン

もし、離婚以外でも上記のようなことを協議できるようであれば話し合っておく方が良いでしょう。

そしてその内容を離婚調停の申立書に記入することができます。

いくら協議できているからと言っても、きちんと書類に残しておいたり、第三者の前でそして法律の前で念を押すことが離婚調停に勝った後の生活を左右するのだと思いますひらめき

離婚調停に勝つというのはけしてゴールではないこと。

新たなスタートに立つということを忘れてはいけません。

良いスタートを切るためのアイテムは多く揃えておくことが大切だと思います。

私はDVだったこともあり、周囲の人や相談員からは「二人きりで話し合わない方がいい」と言われていたこと。

それから、加害者である相手方が強く調停を望んでいたことを理由に何も取り決めないまま(というよりは、話し合いができる相手でなかったのです)調停に臨みました。

私のように協議できない場合を除き、話し合いができる状態ならば調停の前にしておく方が有利になるのではないでしょうか。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 離婚調停あさこ at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

調停って復縁をすすめられるところ?

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

離婚調停について、あなたはこんな風潮・噂を耳にしたことはありませんか?

『調停をしてもなかなか離婚できない』

『調停ではまず関係を修復させようとする』

など・・・バッド(下向き矢印)

たしかにすべて「単なる噂」と片付けられるわけではありませんが、それでも調停の力というもの、第三者の力というもの、法律の力というものは私たちが思っているほど弱くはないものだと思っていますパンチ

それから、調停員(調停委員)の方にも調停の行く末の鍵が握られているように感じます。

私の場合、とても恵まれていたのかもしれませんるんるん

強くそう感じました。

調停員の一人は男性。

私の父親より少し上の年齢くらいでしょうか。

もう一方は女性の弁護士のようでした。

(バッジを付けておられましたのでおそらく弁護士)

年齢は父親くらいでしょうか・・・。

お二人とも、親くらいの年齢でした晴れ

正直最初は不安でした。

私も噂を聞いていたり、離婚調停経験者に聞いた話が「復縁をすすめられる」ということだったのでもしかしたら・・・という思いです。

結論から言うと、私は心配することも不安がることもありませんでしたわーい(嬉しい顔)

内容が暴力だったということもありますが、相手方の態度や発言から調停員の方も何か思うことがあったのでしょう。

私の話を真剣に聞き入れていただき、味方もしていただきました。

私はこの時、『思いは必ず正しく伝わるかもしれない』と思い、同時に調停員の方に感謝の気持ちでいっぱいでした。

もしあなたが不安に思っているとしても・・・あなたのありったけの離婚への想いや考え、証拠、きちんと相手方や調停員に示すことは調停に勝つための基本となることでしょう。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 離婚調停あさこ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

夫婦間で離婚が成立しない場合の対処

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

さて、離婚調停はどのような時に申し立てるものなのでしょうかひらめき

きっとご存知の方が多いかと思います。

簡単にいえば・・・『夫婦間で離婚が成立しない場合』という時です。

それから、財産分与・慰謝料請求・養育費の請求など、離婚するにあたって金銭的なことも夫婦間で決められない場合は離婚調停という選択が正しいでしょう手(パー)

★あなた「離婚したい!」

相手「絶対したくない!」

二人で話しても第三者を介入させても

なかなか決まらない。★

★相手方に浮気された。

あなた「浮気した人とは一緒にいたくない。

離婚してください。

それから、浮気されて結婚生活を続けていくことが

できなくなったから慰謝料請求します。」

相手「俺は離婚したくない。浮気は謝る。

でも、離婚したいのは君なんだから

慰謝料は払う必要はない。」★

と、例を挙げてみましたが、離婚調停の申し立てには夫婦の数だけ理由は様々。

調停を申し立てることが決まれば、まず家庭裁判所へ出向くことをおすすめしますひらめき

私はまず電話で問い合わせましたが、必要な書類が結構ありましたので「行きます」と言い、出向きました。

ちなみに申立書以外に戸籍謄本や印紙・切手などが必要になります。

受付に行くと申立書や他の書類もいただけるので先に謄本などをそろえるのもいいですが、申立書や説明書をいただいてからそろえる方が間違いもなく手っ取り早い方法でしょう。

養育費についても同時に請求できるので、子供がいる場合はそのことを受付の方に伝えて用紙をもらいますダッシュ(走り出すさま)

そして、離婚調停の申し立ての書類と一緒に提出します。

さて・・・ここからが離婚調停へのスタートです。。。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 離婚調停あさこ at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。