離婚調停はどのくらいかかる?期間と時間

2011年05月16日

離婚調停はどのくらいかかる?期間と時間

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちら


『離婚したい!』

そんな思いが固まると、みなさんは次にどのような気持ちになりますか?

例えば、私なら・・・「今すぐに離婚したい!」という気持ちでいっぱいになりました。


離婚が決まるまでの間って、ものすごく中途半端な時間だと思いませんか?


別居している場合など、生活費のことの問題もありますよね右斜め下


別居中の生活費も調停で請求できるそうですが、お金のことはそれでいいとして関係性としては中途半端です。


これが恋人同士ならば、『別れる!』と決まればそこまでですが・・・あせあせ(飛び散る汗)


紙切れとはいえ、戸籍に夫婦という証明がされている限りはそうはいきません。


子供がいる場合はとくに、父子家庭でもなければ母子家庭でもない失恋

地方自治体にもよりますが、父子家庭・母子家庭には援助や様々な制度がありますグッド(上向き矢印)


別居状態が長く続くと夫婦関係というのはほぼ成り立っていない状態ですが、書類上では夫婦のため、そういった制度さえ活用することが不可能です。

(これも自治体によって違うかもしれませんので、別居が長く続く場合は調べてみるといいでしょう。)


そこで気になるのが、調停の期間ですよね。

どのくらいかかるのだろう?という疑問。


これは定まってなく、夫婦によって様々ですひらめき


申立人と相手方の意見が真反対であれば長くかかるか、もしくは早期に取り下げを調停員から提案される場合もあります。


もし取り下げという場合でも、審判や裁判もありますから諦める必要はありません。


調停は1ヶ月に1回の呼び出しがあり、出廷という形になります。


2回や3回で決着がついたとしても、最低1〜2ヶ月はかかると考えていると良いでしょう。



離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちら


posted by 離婚調停あさこ at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。