身体的暴力がある場合の離婚

2011年05月03日

身体的暴力がある場合の離婚

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

DVの中でも証拠が残りやすいのが身体的暴力です。

もちろん、精神的・性的という場合でも病院にかかっていれば何らかの証拠書類はそろえることが可能ですが・・・ひらめき

身体的暴力の場合、仮に病院での診断や通院をしていなくても周囲の人に気づかれやすいため離婚の際に証拠となる可能性もあります。

ですが、やはり一番は医師の診断をもらうこと手(グー)

きちんと書類をもらうこと手(グー)

それから、簡単な日記を記しておくのも有利材料になります。

離婚調停の申し立て時に参考材料になりますし、慰謝料請求の調停にも提出することが可能です。

病院以外にも、警察や他相談機関に出向いた記録があればなおいいですexclamation

私の場合は詳しい記録はありませんでしたが、大まかな年月くらいは覚えていたので書類に書き出しました。

申立書は何枚かありますので、その中の一枚にそういった記録を書く記入欄があったかと思います。

現在は家庭内暴力が問題視されてきている社会なので、証拠はかなり有利な材料ということになるのではないでしょうか。

そこに調停員と弁護士さんが、仮に精通している方々であれば・・・なおのこと有利ですぴかぴか(新しい)

あなたが今、離婚調停直前・・・という場合、そして証拠が何もない場合でも・・・よく思い出してみてください。

もしかしたら、何か証拠となるもの・・・すなわち、調停に勝つための材料があるかもしれません手(パー)

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 離婚調停あさこ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。