離婚調停に勝つ!家庭裁判所で笑うために・・・

2011年05月19日

慰謝料を離婚調停で請求する場合

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちら


夫婦によって離婚理由は様々であることはみなさんご存知かと思います。


離婚と聞いて、養育費や慰謝料という言葉を思いつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。


養育費とは子供に関することですよね手(パー)

では慰謝料とは?


けして医者料ではありません・・・冗談ではなく、間違えておられる方もいらっしゃるようなので書かせていただきましたあせあせ(飛び散る汗)


慰謝料とは、精神的な苦痛に対しての賠償金です。

とは言いましても、身体的な傷などでも精神的に苦痛を感じることもあり得るので、精神的のみに限定されたわけではありません。

それから、例えば名誉や地位などを傷つけられた場合も請求できるとされています。


慰謝料請求する場合、私がすすめられたのは心療内科などで診断してもらい、診断書を証拠とすると良いと言われましひらめき


とにかく『証拠』なのだそうです。


慰謝料で一般的によく耳にするのは不貞行為ではないでしょうか。


すなわち『浮気』ですねバッド(下向き矢印)


浮気をされた方が浮気をした相手に慰謝料を請求するということです。


この場合も離婚ということになれば浮気の証拠を集めておくと良いでしょう。


それから、浮気をしたと思われる時期の相手の態度や生活の雰囲気、自分に対する態度なども思いつくことがあれば書き出して証拠になりますペン


そこに加えるのは、その時にどのような苦痛を感じたかということが本題になってきます。


慰謝料の額の算定は収入や地位などからされるようですが、上記に書いた苦痛の度合いや証拠などが算定に大いに関わってきますので、慰謝料請求の申し立ての際にはテキトーに申立書を書くのではなく、きちんと思いを書き出すことが大切です。


離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちら



posted by 離婚調停あさこ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

離婚調停はどのくらいかかる?期間と時間

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちら


『離婚したい!』

そんな思いが固まると、みなさんは次にどのような気持ちになりますか?

例えば、私なら・・・「今すぐに離婚したい!」という気持ちでいっぱいになりました。


離婚が決まるまでの間って、ものすごく中途半端な時間だと思いませんか?


別居している場合など、生活費のことの問題もありますよね右斜め下


別居中の生活費も調停で請求できるそうですが、お金のことはそれでいいとして関係性としては中途半端です。


これが恋人同士ならば、『別れる!』と決まればそこまでですが・・・あせあせ(飛び散る汗)


紙切れとはいえ、戸籍に夫婦という証明がされている限りはそうはいきません。


子供がいる場合はとくに、父子家庭でもなければ母子家庭でもない失恋

地方自治体にもよりますが、父子家庭・母子家庭には援助や様々な制度がありますグッド(上向き矢印)


別居状態が長く続くと夫婦関係というのはほぼ成り立っていない状態ですが、書類上では夫婦のため、そういった制度さえ活用することが不可能です。

(これも自治体によって違うかもしれませんので、別居が長く続く場合は調べてみるといいでしょう。)


そこで気になるのが、調停の期間ですよね。

どのくらいかかるのだろう?という疑問。


これは定まってなく、夫婦によって様々ですひらめき


申立人と相手方の意見が真反対であれば長くかかるか、もしくは早期に取り下げを調停員から提案される場合もあります。


もし取り下げという場合でも、審判や裁判もありますから諦める必要はありません。


調停は1ヶ月に1回の呼び出しがあり、出廷という形になります。


2回や3回で決着がついたとしても、最低1〜2ヶ月はかかると考えていると良いでしょう。



離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちら


posted by 離婚調停あさこ at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

どうしても気になる!調停にかかる費用

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

さて・・・離婚調停の申し立ての前に多くの方が気になるであろう調停の費用ですが、一体どのくらいかかるのでしょうか?

私も費用については少し不安でしたあせあせ(飛び散る汗)

というのも、世間知らずな部分もあるのですがそういった法律に関することでまず思い浮かんだのは『裁判』。

そして次に思い浮かんだのは『弁護士』だったんですひらめき

弁護士に依頼するという考えではありませんでしたが、なぜか思い浮かびました。

依頼するつもりはありませんでしたが、今度は『費用が高い』というイメージが湧いてきたので、どうしても調停の費用は『高い』イメージでした。

私の周りの話を聞いても、やはり離婚調停を申し立てる上で調停費用を気にしている方が少なくありませんたらーっ(汗)

私の予想では少なくとも1万以上は必要だろうと考えていました。

自分の中で『調停』というものに対して敷居がすごく高いと思っていたので、弁護士に依頼したり裁判を起こしたりと同様のことと考えていました。

実は私の両親も離婚調停をしているのですが、身近なところに先輩がいましたのでさっそく聞いてみると「そんなにしないよ。何千円とかだよ。」と教えてくれました。

しかも、紙幣ではなく収入印紙と切手代とのことぴかぴか(新しい)

離婚調停だけなら2000円もかからないと思いまするんるん

養育費の調停も同時に申し立てるなら、その費用も必要になります。

というように、一つのテーマの調停を申し立てるとそのテーマに沿った分の費用が必要になります。

費用については地方によって差があるかもしれませんので、裁判所へ問い合わせてみるといいかもしれません。



離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 離婚調停あさこ at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

どの程度夫婦間で協議できているか

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

離婚調停を申し立てる前に、二人で話し合える状況であれば離婚は決まらなくともそれは必要なことだと思いますexclamation

例えば、

・家のこと

・財産

・子供のこと

・養育費の金額 他

というように、様々なテーマがあります。

子供のことについては養育費だけではなく、親権者や監護権(養育権と言う方もいらっしゃいますが正しくは監護権だそうです)のこと、監護しない方の親との面会のことなどが挙げられますペン

もし、離婚以外でも上記のようなことを協議できるようであれば話し合っておく方が良いでしょう。

そしてその内容を離婚調停の申立書に記入することができます。

いくら協議できているからと言っても、きちんと書類に残しておいたり、第三者の前でそして法律の前で念を押すことが離婚調停に勝った後の生活を左右するのだと思いますひらめき

離婚調停に勝つというのはけしてゴールではないこと。

新たなスタートに立つということを忘れてはいけません。

良いスタートを切るためのアイテムは多く揃えておくことが大切だと思います。

私はDVだったこともあり、周囲の人や相談員からは「二人きりで話し合わない方がいい」と言われていたこと。

それから、加害者である相手方が強く調停を望んでいたことを理由に何も取り決めないまま(というよりは、話し合いができる相手でなかったのです)調停に臨みました。

私のように協議できない場合を除き、話し合いができる状態ならば調停の前にしておく方が有利になるのではないでしょうか。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 離婚調停あさこ at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

調停って復縁をすすめられるところ?

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

離婚調停について、あなたはこんな風潮・噂を耳にしたことはありませんか?

『調停をしてもなかなか離婚できない』

『調停ではまず関係を修復させようとする』

など・・・バッド(下向き矢印)

たしかにすべて「単なる噂」と片付けられるわけではありませんが、それでも調停の力というもの、第三者の力というもの、法律の力というものは私たちが思っているほど弱くはないものだと思っていますパンチ

それから、調停員(調停委員)の方にも調停の行く末の鍵が握られているように感じます。

私の場合、とても恵まれていたのかもしれませんるんるん

強くそう感じました。

調停員の一人は男性。

私の父親より少し上の年齢くらいでしょうか。

もう一方は女性の弁護士のようでした。

(バッジを付けておられましたのでおそらく弁護士)

年齢は父親くらいでしょうか・・・。

お二人とも、親くらいの年齢でした晴れ

正直最初は不安でした。

私も噂を聞いていたり、離婚調停経験者に聞いた話が「復縁をすすめられる」ということだったのでもしかしたら・・・という思いです。

結論から言うと、私は心配することも不安がることもありませんでしたわーい(嬉しい顔)

内容が暴力だったということもありますが、相手方の態度や発言から調停員の方も何か思うことがあったのでしょう。

私の話を真剣に聞き入れていただき、味方もしていただきました。

私はこの時、『思いは必ず正しく伝わるかもしれない』と思い、同時に調停員の方に感謝の気持ちでいっぱいでした。

もしあなたが不安に思っているとしても・・・あなたのありったけの離婚への想いや考え、証拠、きちんと相手方や調停員に示すことは調停に勝つための基本となることでしょう。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 離婚調停あさこ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

夫婦間で離婚が成立しない場合の対処

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

さて、離婚調停はどのような時に申し立てるものなのでしょうかひらめき

きっとご存知の方が多いかと思います。

簡単にいえば・・・『夫婦間で離婚が成立しない場合』という時です。

それから、財産分与・慰謝料請求・養育費の請求など、離婚するにあたって金銭的なことも夫婦間で決められない場合は離婚調停という選択が正しいでしょう手(パー)

★あなた「離婚したい!」

相手「絶対したくない!」

二人で話しても第三者を介入させても

なかなか決まらない。★

★相手方に浮気された。

あなた「浮気した人とは一緒にいたくない。

離婚してください。

それから、浮気されて結婚生活を続けていくことが

できなくなったから慰謝料請求します。」

相手「俺は離婚したくない。浮気は謝る。

でも、離婚したいのは君なんだから

慰謝料は払う必要はない。」★

と、例を挙げてみましたが、離婚調停の申し立てには夫婦の数だけ理由は様々。

調停を申し立てることが決まれば、まず家庭裁判所へ出向くことをおすすめしますひらめき

私はまず電話で問い合わせましたが、必要な書類が結構ありましたので「行きます」と言い、出向きました。

ちなみに申立書以外に戸籍謄本や印紙・切手などが必要になります。

受付に行くと申立書や他の書類もいただけるので先に謄本などをそろえるのもいいですが、申立書や説明書をいただいてからそろえる方が間違いもなく手っ取り早い方法でしょう。

養育費についても同時に請求できるので、子供がいる場合はそのことを受付の方に伝えて用紙をもらいますダッシュ(走り出すさま)

そして、離婚調停の申し立ての書類と一緒に提出します。

さて・・・ここからが離婚調停へのスタートです。。。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 離婚調停あさこ at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

身体的暴力がある場合の離婚

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

DVの中でも証拠が残りやすいのが身体的暴力です。

もちろん、精神的・性的という場合でも病院にかかっていれば何らかの証拠書類はそろえることが可能ですが・・・ひらめき

身体的暴力の場合、仮に病院での診断や通院をしていなくても周囲の人に気づかれやすいため離婚の際に証拠となる可能性もあります。

ですが、やはり一番は医師の診断をもらうこと手(グー)

きちんと書類をもらうこと手(グー)

それから、簡単な日記を記しておくのも有利材料になります。

離婚調停の申し立て時に参考材料になりますし、慰謝料請求の調停にも提出することが可能です。

病院以外にも、警察や他相談機関に出向いた記録があればなおいいですexclamation

私の場合は詳しい記録はありませんでしたが、大まかな年月くらいは覚えていたので書類に書き出しました。

申立書は何枚かありますので、その中の一枚にそういった記録を書く記入欄があったかと思います。

現在は家庭内暴力が問題視されてきている社会なので、証拠はかなり有利な材料ということになるのではないでしょうか。

そこに調停員と弁護士さんが、仮に精通している方々であれば・・・なおのこと有利ですぴかぴか(新しい)

あなたが今、離婚調停直前・・・という場合、そして証拠が何もない場合でも・・・よく思い出してみてください。

もしかしたら、何か証拠となるもの・・・すなわち、調停に勝つための材料があるかもしれません手(パー)

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 離婚調停あさこ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

離婚したい!モラハラ(精神的暴力)でした!

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

前回少し触れましたが、私が離婚を決めた理由・原因はドメスティック・バイオレンスでした。

DVと略しますひらめき

DVには種類がありますが、私の場合、身体的・精神的・性的というフルコースでのDVでした。

その中でもひどかったのは精神的暴力バッド(下向き矢印)

家庭内だとDVの中の精神的暴力と分類されますが、わかりやすく言いますと『モラハラ(モラルハラスメント)』です。

ただ、モラハラという場合は家族内ではなく家庭外の社会の中で起こるハラスメントという風に分けられています。

精神的DVというのはどういうものなのか・・・簡単に言えば、精神的に追い込まれる。

例えば、毎日毎日

「お前は馬鹿だ」

「お前は何もできない」

「こんなこともできないのか!?」

「お前は駄目だ」

などと言われ続けます。

毎日のように・・・ではなく、毎日だということ。

それから、浮気妄想が激しいので身に覚えがないのに、強い疑いをかけられたり、すれ違う男性が私をちょっと見るだけで「アイツお前のこと見たぞ。そんな服着ているからじゃないのか。」

などと言われますたらーっ(汗)

お店にいても好きな商品を見ることもできません。

髪を自由に切ることも、髪型をアレンジすることも、服を買うことも・・・人として普通と思われている行動を制限されます。

私はこのままこの人の言い成りで好きなことができないまま生活していくのだろうか・・・そう思ったとき本当に心底ゾっとしたことを覚えています。

そして・・・別居から離婚に至りました。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)


タグ:離婚 暴力
posted by 離婚調停あさこ at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

「離婚したい!」と思ったとき

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)

現在、『離婚』ということが珍しくない社会になってきました。

・離婚する

・離婚した

・離婚したことがある

あなたの周りにもいらっしゃるかもしれません。

そして、私もその中の一人ですあせあせ(飛び散る汗)

私が「離婚したい!」と思ったきっかけは・・・ドメスティック・バイオレンスでした。

離婚には夫婦それぞれに理由というものがあると思います。

そして、離婚の仕方も色々。

ところであなたは離婚届を目にしたことはありますか?

離婚には種類があります。

・協議離婚

・調停離婚

・審判離婚

・裁判離婚

この中の『調停離婚』について、お話したいと思いますひらめき

あなたは調停離婚と聞くとどのようなイメージを抱かれるでしょうか?

ただ、『調停離婚』と耳にするとなんだか難しい印象を持たれると思います。

ですが、この方法は法的な書類も残るので離婚について強みになるのではないでしょうか。

あくまでも、離婚調停というのは離婚のための話し合いの場ですから、子どもがいる場合は養育費の調停も申し立てる必要がありますひらめき

ここは重要なポイントですね。

それから、慰謝料も別になります。

あなたがもし「離婚したい!」と思ったとき。

相手はそれにすぐに応じてくれますか?

もし、協議離婚が望めない場合は・・・まずは調停離婚を考えてみてもいいかもしれません。

離婚調停の前に絶対に知っておくべき成功法則はこちらぴかぴか(新しい)



タグ:調停 離婚
posted by 離婚調停あさこ at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。